美容外科に務める看護師の苦労

美容に対して興味が高いことから、看護師の資格を取って美容外科に務める人もいます。美容外科は顧客対応が基本的な仕事となり、どのような願望を持ってクリニックに訪れたかをカウンセリングすることから始めて、具体的な目標を定めるところまで実施します。

そのカウンセリングではこれまで行ってきた美容への取り組みについての話題が中心になり、その話の中で認識のズレを修正することに苦労するケースもあります。世の中に流通している美容に関する情報はあまりに多岐にわたっており、中には医療常識からかけ離れているものもよくあります。それどころか医療の観点から考えたら大きな誤解であることを当然のことと理解してしまっている顧客も多いのです。

美容成分を摂取しているのに改善が認められないのを嘆いている人が過剰摂取が原因で美容トラブルを生み出しているということは典型的なものです。過ぎたるは及ばざるが如しという基本を知らない人が意外に多く、働き始めてみて唖然としてしまう看護師もいます。常識不足の顧客が多いことを理解した上で顧客対応に望まなければ、美容クリニックで活躍していくことは難しいでしょう。顧客の知識レベルに応じて適切なアドバイスを出せるようにしていかなければなりません。うまく顧客の理解に合わせてアドバイスし、健康的な美しい状態に導くことが看護師としての仕事です。

医療従事者として活躍している人が言葉を発する時は責任重大です。アドバイスをする側の人が中途半端な知識を持っていては危険なため、きちんと最新の信頼できる美容情報を勉強しておくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です